節税におすすめのアパート経営

今、副業、もしくは、不動産活用の一つとしてアパート経営が注目されています。なぜ、アパート経営が注目されているのかというと、以前と比較して、アパートの需要が増えているというのもありますし、税制上のメリットが大きいという理由もあります。
たとえば、土地が余っていて、それを活用する場合、駐車場や、コインランドリーなどで活用するという方法もあります。しかし、駐車場を経営する場合、税制上のメリットはほとんどありません。しかし、アパート経営は、税制上のメリットは大きいというメリットがあるのです。
アパートを経営する場合、たとえば、最初の初期投資は確かに大きくなります。しかし、空室率が高くなければ安定して収益を得られますし、その収益も大きくなることが多いです。
さらに、アパート経営は、知識や経験も要らず、全くの素人でも始めやすいです。そういった事情から、今アパート経営が注目されていて、不動産投資のセミナーが開催されていたり、色んな書籍なども発売されています。

マンション選びは手放す際のことも考えて?

不動産投資のための投資マンションならば売りに出してもわりとすぐに買い手がつくところが、マンションの魅力だなーと思います。とは言いましても、どのようなマンションでも、売りに出せばすぐに買い手がつくわけではないでしょう。こう言ってはなんですが、私が所有していた中古マンションのように、中古物件でも人気が高かったマンションならば、すぐに買い手がつくというものです。その点において、私はマンション選びは成功していたなーと思うわけです。

 

築年数が進んだ中古マンションでも立地条件がいい物件でしたら、人気が高いというわけなんです。私が手放した中古マンションにしましても、その中古マンションの購入時には私一人しか買い手がいなかったわけではありませんからね。私の他にあと二人、つまり合計三人「その中古マンションの部屋を買いたい!」という人がいたのです。

 

そのマンションの魅力は「リフォーム自由」なところと、なんといっても駅までのアクセスがいいという立地条件でしょう。立地条件ってマンションを売る際にも重要なんだなと、マンションを手放す時に思いましたね。

土地というのは高くなったり安くなったり

土地というのは、色々とメリットがありますがその効能としては自分で使うこと、人に貸すこと、そして売ることです。買うことですが、これは自分で使うのか、或いは貸すために、ということになります。その時の土地選びですが当たり前ですが需要があるところ、とするのが基本になります。

 

不動産投資にメリットある収益物件として需要があるというのはそこに住む価値が少なからずあるといえるからです。売るときも楽ですし、自分の生活にフィットすればとてもよいでしょうが、逆をいいますと極端に自分の生活のみによい土地というのはいざ処分するときに苦労する、ということがあります。そこが非常に難しいことになるでしょうから、覚悟しておきましょう。

 

土地は高くなったり安くなったりします。安いところを高くなることを想定して買うこともありでしょうが、そもそも高い土地というのは駅から近いとかそうした立地になります。つまりは、これから駅ができるところを狙うとかそうした方法もあります。

マンション選びでは情報収集が大切

私は投資マンションのために新築マンションを買うために貯金をずっとしていました。せっかくずっと買いたいと思っていたマンションなのだから、購入した後でもっと素晴らしい設備が整っている違うマンションにしたらよかったという後悔をしたくはなかったです。
私はマンションを買うときには絶対に失敗したくなかったので、事前にしっかり情報収集をしました。ネットを活用すれば周辺環境についての情報をすぐに手に入れることができます。どんなマンションでもメリットとデメリットがあるので、比較をすることも大事です。
私はマンションを買う時のチェックポイントをいくつか一覧にしておいたのでスムーズにマンションの比較をできました。私は多くの候補の中からマンションを選びたかったのでパンフレットをたくさん業者から取り寄せました。業者から送られてきたパンフレットにはマンションのいい部分しか書かれていないので、どこか欠点がないか考えながらパンフレットをチェックしました。

楽しもう!マンション選びは人生選び

今住んでいるところが駅から遠く、坂道も多いため、ちょっとそこまでと出かけることも面倒になるほどでした。今後のことを考えたら断然、フットワークが軽くなる場所がいい。そんな思いからマンションを探すことにしました。幸い価格も手が届かないというほどではなく、駅までの交通費負担を考えたら、駅の近くのマンションを手に入れるほうがいいと思いました。

マンション選びは人生での大きな買い物です。嫌になったら替えることがなかなか難しいので慎重に選びました。高層マンションでは見晴らしの良さも魅力ですが、災害が多い国なので万が一に備え、階段でもたどり着ける階を中心に選びました。また以前住んでいたところでは、ベランダでのたばこが許されており、洗濯物ににおいがしみついたり、部屋ににおいが充満したりと苦痛がありました。なので今度はマンション全体がたばこ禁止の場所にしました。

不動産投資や投資用マンションは大きな買い物で決断力がいりますが、これからの人生を快適に過ごすために必要なものです。楽しんで新しい居場所を考えましょう。

マンション選びは駅からの距離を重視しました

投資マンションも兼ねた京都駅エリアでのマンション選びは、駅からの距離を重視して探すことにしました。ある程度、住みたい地域を絞り込んで、駅もいくつかピックアップしておき、駅周辺の環境など昼間も確認しますが、夜の状況なども実際歩いてみることで、周辺の環境を確認することにしました。やはり、夜はネオン街になり、酔っ払いの方や風俗店が多いなど、夜遅くなってから実際歩いてみないと駅周辺は、昼間とは違った雰囲気になっているので、こうした点はしっかりチェックしておきました。女性が一人夜分に帰宅することもありますし、そういう時、街灯状況や駅周辺の環境などは自分できちんと確認して納得できるところかどうか判断することにしました。マンションの価格のみで動くのではなく、周辺の状況や夜の雰囲気や街並みはとても大切だと思っていたので、気になる駅周辺はしっかりチェックしておくことにしました。長く住むことになるため、マンション選びはジックリ行うことにしました。

災害を防ぐ土地選び!安心探しの実体験

賃貸契約で一戸建てに住んでいましたが、その立地場所があまりよくないところで、大雨の際に裏山の岩が露出するようになりました。知らずに住んでいたのですが、役場に尋ねると土砂災害警戒区域内にあるということで、不安が増しました。

 

土や岩の露出を見なければあまり気にしなかったかもしれませんが、そうした状況を見てしまったので転居を考えました。

 

立地条件の悪さについて物件の所有者とも話しましたが、当人も手放したがっていたらしく、結局私達が引っ越したあとにその場所に「住まない、荷物置きにする」という条件で元々不動産投資の投資物件として考えていた他者に売却なさったようです。

 

また、市町村などにも相談しましたが「崩落などの問題が起きていない段階では、所有者に所有権があるのみで、どうすることもできない」ということでした。特に事前に工事のような対策はしてくれないということがわかり、結局逃げ出すのが早いと確信しました。

 

住むための土地はとにかく「立地の状況」がとても大切です。川のそばや山のふもと、元田んぼだった箇所など、災害を招く土地はたくさん隠れていますので、まずは市町村などの発行しているハザードマップを最低限確認してから購入することをお勧めします。

家、土地をかう時はあきらめないで探す‼

結婚後、はじめは仕事の関係で実家より遠方にすんでいましたが、実家近くに帰ることになり、財産にもなるし 賃貸より毎月の支払いが低い方がいいので 、大阪エリアで収益物件にも使える車庫つきの中古戸建てを探しました。

 

半年くらいかけて色々な物件を見せてもらい、そのうちに自分の住みたいものと住みたくないものが見えてきました。
予算もはっきりとしていたので、とにかく場所や街の雰囲気なども気にしながら探しました。

 

不動産会社を何件かにおせわになりましたが、希望の「人気地区で駅近(10分以内)、明るい、車庫あり、2000万以下、修理しなくてすめる、歩道がある、街が緑が多い」を探しているというと、無理だと言われました。

 

新築の担当者おすすめ物件だけを見せられたり。それでも諦めずネットでのみ出していた物件を見つけて、小学校も2分、図書館も郵便局も市民プールも近くにある1800円台のリノベーション3DK車庫つきを購入することができました。

 

自分の暮らしの理想が決まったら、できるだけ諦めず、探してみましょう。不動産会社でも知らない物件がひとつくらいあるかも知れません。とにかく早いもの順なので、他の人が決める前に見つけてください。